性病、夫がもしHIVに感染していたら

性病は誰にでも感染するおそれのあるもので、決して特別な病気ではありません。そして感染したとしてもそのほとんどが問題無く完治します。ですが性病の一種であるHIVだけは今だに有効な治療方が確立しておらず、最終的には免疫不全を起こし、風邪などの病気でも死に至ってしまいます。HIVは他の性病と同じく性行為によって感染しますが稀に輸血などによっても感染してしまいます。もし、夫がこのHIVに感染しているのが判明した場合はまずは夫だけでは無く自分の感染も疑わなくてはなりません。性行為での感染の場合、経口感染もする普通の性病とは違いHIVは性器の粘膜の直接の接触でのみ感染します。ですので、夫が感染していた場合は自分も感染してしまっている可能性が高いのです。HIVはひと昔前には血液製剤による集団感染が問題となったように一概に性行為だけで感染したとは言えない病気ですので、感染経路について夫に疑惑の目を向ける前に自分も検査を受けて冷静に対応しなければなりません。自分が陰性であったら次に注意する事は自分が感染しないようにする事です。前述した通りHIVは性器の粘膜が直接触れる事でのみ感染します。ですので、オーラルセックスで感染する事はありませんし、挿入もコンドームを使用する事で問題無く行えます。
夫が性病にかかった、というだけでもショックでしょうし怒りも覚えるでしょうが、性病の感染ルートは性行為だけでは無いのでとりあえずは冷静に対処する事と自分の感染を確かめる事が何より大切になります。特にHIVの様な難病ともなれば尚更でしょう。どの様な病気でもそうですが、病気の発見は早ければ早い方が良く、難病であってもそれなりの対応が出来るものです。