病院に行かなくても性病は自分でチェック

日本人はセックスに対して開放的な人が多くなっておりますが、それと同時に性病に感染してしまう人の割合も以前と比べて多くなっています。
性に対して関心を持つのは普通の事であり、ネットやAVを介して様々なセックスに対する知識は手に入れる人も多いのですが、その一方で性病や妊娠に関する知識に関しては学校ではそれほど取り上げない事が多い事からも、あまり知識が無いという人も多いです。
そうした事もあってセックスの低年齢化がかなり進んでいるにも拘らず、性病に対して無頓着な人も多いです。
さらには性病に感染してしまった疑いがある場合は、病院できちんと検査してもらうべきではあるのですが、性病かどうかを病院で検査をしてもらうのが恥ずかしいなどといった事から検査を受けず、それが原因で症状が悪化してしまったり、他の人に感染を拡大させてしまう事もあります。
それはそれで問題なのですが、そうした状況を少しでも改善する方法として、わざわざ病院まで行かなくても性病であるかどうかを自宅で検査する事が現在では可能となっています。
ネット上で申し込みをすると検査キットが送られてくるので、それに検体を採取して検査機関に送るという方法です。
自宅で行えるなんて大したことないのではないかと心配する人もいますが、検査は専門家が行ってあくまでも検体の採取を自分で行うだけであり、しっかりと検査を受ける事が出来ます。
また、匿名で検査を受ける事が出来るので名前を知られたくないという人でも安心です。
これならば恥ずかしい思いをしなくて済むので安心だという人も多く、性病に感染したのではないかと不安であるが病院に行きたくないという人はチェックしてみると良いです。

性病の感染を防ぐ方法

性病の感染を予防する最も確実な方法は、性行為しないことです。性行為によって血液や精液、膣分泌液などと粘膜が接触することにより感染します。しかし、子供を作るためには性行為を行うことは正常な行為となるため、性病予防としては本末転倒となります。そのため、現実的な性病の予防のためには、不特定多数との性行為を行わないことです。接触する人数が多ければ多いほど、性行為相手が性病に感染している確率が上がります。
実際に性行為を 行う際には挿入前にコンドームを使用することが大切です。コンドームを使用することにより粘膜や体液との直接接触をなくすことができます。途中からコンドームを使用しても感染予防には意味がありません。
ただし、コンドームを使用したからといって感染していないとは限りません。クラミジアや淋病などの喉に感染する性病もあります。性行為に類似する行為である口腔性交により喉へと感染する人が増えています。喉への感染を防ぐためには、口腔性交を行わない方法しかないとされています。腸に感染するものもあるため、口腔性交や肛門性交を行う場合でもコンドームを使用することです。
さらに、コンドームを使用していても感染を防ぐことができないものもあります。代表的なものとして尖圭コンジロームがあります。尖圭コンジロームは、性器や肛門の周りにイボができるため、コンドームだけでは感染を防げないタイプの性病です。
他にも、性行為前にはシャワーを浴びることも感染を防ぐために有効な方法の一つです。性器や皮膚、口の中などには、性病を引き起こす病原菌が付着していることがあります。そのため、お互いに洗い落とし、身体を清潔にしてから行うようにします。

性病に感染しても自宅で治療

性行為をした後に何か異常を感じた場合は性病の可能性も疑った方が良いですが、性病に感染した事はなかなか人には言いづらくて病院にも行きにくいという人もいます。
ただ、そうしている間にも症状が悪化してしまう可能性がありますし、パートナーがいるのであれば相手の事も考えて病院へ行くのが最善の選択です。
それでもどうしても病院へ行かずに性病をどうにか治療できないかという人もいて、そうした人たちの悩みを解消する方法も現在ではある程度はあります。
まず、性病に感染した疑いがあるのであれば検査を受ける必要がありますが、検査を行うには何も病院へ行かずとも検査キットを通販を利用して手に入れる事は可能です。
また、病気の治療に関しても治療薬を通販で個人輸入して手に入れるという方法があるので、病院へ行かずに治療を行う事は不可能とも言い切れなくなっています。
しかし、検査を自宅で行ったとしても、性病である事が発覚すれば一度はきちんと病院へ行くようにした方が良いです。
確かに病院で処方して貰わなくても個人輸入で薬を手に入れる事は可能ですが、そうして手に入れた薬が本物であるという事を見極めるのは粗末な出来てなければ難しく、偽物が問題となっているためです。
その他にも薬を処方するだけであったとしても実際の状態を専門家が見る事で初めてわかるという事もあり、一度も病院へ行かずに治療を行う場合には出来る事には限りがあります。
そして病院へ行くのを躊躇ったばかりに適切な治療を行えず症状がどんどん進行してしまうという事も十分に考えられるので、いくら通販を活用して薬だけは手に入れる事が出来たとしても病院が不要であるというのとは話が違います。

■帯状疱疹や性器ヘルペスの治療に
通販で買えるバルトレックス
■効果的な薬のジェネリックなら
クラビット
■尖圭コンジローマの治療にはこれ
ベセルナクリームの正しい使い方